前へ
次へ

追突した車が無免許だったときの過失割合

自動車同士のトラブルで多いとされるのが追突です。
自動車を運転するときは十分に車間距離を取り、当然ながら周りの様子を確認する必要があります。
追突が起きるのは車間距離が狭すぎたり前方不注意が原因のことが多いです。
前の車が急ブレーキをかけることも想定して車間距離を開けておく必要があるでしょう。
車を運転していたところ前の車に追突してしまい話し合いが必要になりました。
いざ話し合いをしてみると相手は無免許で運転していたことがわかりました。
無免許での運転となるとかなり良くないイメージがあるので、どんな理由であろうと相手に100パーセント過失があるのではと考えるかもしれません。
追突のトラブルにおける過失割合は必ずしも無免許かどうかによって変化しません。
無免許の運転者の運転技術が稚拙でそのために追突が生じたなら追突された側に一定の過失が生じる可能性があります。
でも停車状態の車に追突をしたらその運転手が無免許であったとしても、追突した側が100パーセントの過失となるでしょう。

西小山で難関校への合格を目標としている人におすすめの個別指導塾
個別指導の塾のため、1人1人の生徒に対して分かりやすい授業をすることができます。

建設現場に最適な居場所確認アイテム
スマホからどこになんの資材があるのか把握することができます

Page Top