前へ
次へ

業務中に駐車違反をしたときの違反金の負担

自動車を駐車させて離れるときは必ず所定の駐車場に駐車させる必要があります。
業務に用いる車両なら会社などの駐車場があるならそちらに駐車しますし、営業や配達等をするときにはそれぞれの場所で駐車場を利用することになります。
駐車場が無い営業先に行くなら有料の駐車場サービスを利用する必要があるでしょう。
もし道路上などに自由に自動車が駐車されていると道路の渋滞を引き起こしかねません。
そこで駐車違反の取り締まりが行われ、違反と判断されると違反金の支払いが必要になるときがあります。
業務上において駐車違反をしたときにはその違反金の負担は自己負担か会社に請求できるかです。
多くの会社では近辺の駐車場を有料で利用し、その駐車料金を経費として精算するように従業員に言っているでしょう。
つまり駐車違反は個々の問題になり法律上負担金を会社の経費にすることはできないでしょう。
一方会社からの指示で駐車場を使わないようになどと言われているときは請求できるときもあります。

Page Top